ABOUT US/会社概要

  • 有限会社セブンプロジェクト

  • 設立:昭和56年7月30日 設立

  • 本部:〒631-0805 奈良市右京3-6-2

  • ​代表取締役:七海朗

  • 主な業務: 保険薬局経営

​       デイサービス経営

       医薬品輸出入コンサルタント

​       薬剤師教育プログラム

代表取締役/ President
七海 朗 Akira Nanaumi

1942年生まれ 京都薬科大学卒業

1966年 塩野義製薬第一学術部

1981年 同社退社後、薬局セブンファーマシー(有限会社セブンプロジェクト)設立

その後、奈良県薬剤師会の理事、日本薬剤師会医薬分業推進対策本部を経て、奈良県薬剤師会副会長、会長を2008年まで歴任。2010年からは日本薬剤師会副会長として2014年まで歴任。現在は日本薬剤師会相談役として、全国の薬剤師のため日々を過ごしている。趣味は絵画。実は一水会の入選経験もある。

代表挨拶

当薬局は昭和56年に開設しており、処方せん調剤があまり知られていないころから、奈良においては医薬分業の先駆者として処方せん調剤を行い、地域の相談薬局として続けてきました。 これからの薬局の役割は質的に大きな前進をしなければなりません。では、「薬局の質」とはなんでしょう?調剤の内容は高度化してきています。在宅医療のニーズや緩和ケアへの薬局の取り組みも進んでいます。このような高度医療や在宅へ積極的に取り組める薬局が必要と考え、2013年に本店を改築、新たにクリーンベンチや安全キャビネットなどの高度な薬物治療にも対応できるよう体制を整えました。 また、当薬局は「相談薬局」として地域の皆様の日常的な健康管理のサポートが役割と位置づけ、体脂肪や血糖測定、血流測定などの機器も導入し、薬剤師が相談に応じれる環境を整えました。 超高齢社会になってきた近年、国民一人ひとりの健康に対する考え方も多様化してきました。 そのような皆様一人一人に、丁寧に対応していくことが重要であると考えています。 地域医療のチームの一員として、また地域の皆様のかかりつけ薬剤師として、医薬分業の原点に還り、さらなる発展に努力していきたいと考えております。

 

学術教育・広報戦略担当
Educator/media strategist
七海 陽子 Yoko Nanaumi

1970年生まれ 神戸女子薬科大学(現在の神戸薬科大学)卒業

1994年 薬局セブンファーマシー勤務。在宅医療に取り組む

2000年 居宅支援事業所を開設、介護支援専門員を兼務。その後、介護支援専門員協会の奈良支部立ち上げに携わる。2002年 日本薬剤師会情報システム検討委員会、2004年 日本薬剤師会一般用医薬品委員会、2008年 日本薬剤師会国際委員会を経て現在に至る。2009年 社会薬学の研究に専念するため、薬局を一時離れるが、台湾の薬剤師より養成を受け、2009年~2012年まで獅躍連鎖薬局の薬歴立ち上げと薬剤師教育を担当。アジアの薬剤師とのつながりから、カンボジア薬剤師会の支援のため、NGOを友人の薬剤師とともに設立。カンボジアでのNGO活動も行っている。

有限会社セブンプロジェクト

〒631-0806 奈良県奈良市右京3丁目6-2

​☎0742-71-9501 📠 0742-71-9529